chat

AIにTokyo Techiesについて質問する!
中小企業には「ペンテスト」が欠かせない理由
サイバーセキュリティ
文責:
Alisha Widianti

ペネトレーションテストは中小企業にも不可欠!でもなぜ?

この記事をお読みの皆さんの中には、「自社でも本当にペネトレーションテストが必要なのか?」と疑問に感じている方も多いのではと思います。

ベライゾン社の2023年データ侵害調査報告書によると、大企業よりも中小企業の方が1.5倍多くサイバー攻撃を受けています。
これは、リソース不足からサイバーセキュリティ対策が不十分であることが主な原因だそうです。

データ漏洩やサイバー攻撃のリスクが高まる中、ペネトレーションテストを一回も実施したことのないネットワーク、PC、サーバーやシステムを使い続けることは、非常に危険と言わざるを得ない時代になってきています。
本ブログでは、ペネトレーションテストが中小企業にとってなぜ不可欠なのか、そしてどのようなメリットがあるのかを詳しく解説します!

ペネトレーションテストとは?

ペネトレーションテスト(ペンテスト)またはエシカルハッキングとは、システム内のセキュリティ脆弱性を事前に発見するために、ハッカーと同じ手法を使用して行うテストです。これにより、悪意あるハッカーと同じ視点でシステムの弱点を特定し、対策を講じることができます。

ペネトレーションテストの種類

ペネトレーションテストには主に2つの種類があります:

  1. ブラックボックス・ペンテスト:システム内部の情報を持たない状態で行うテストで、外部からの攻撃をシミュレーションします。
  2. ホワイトボックス・ペンテスト:ソースコードやアーキテクチャに完全にアクセスした状態で行うテストで、システム内部の脆弱性を詳細に調査します。

ペネトレーションテストの重要性

  1. セキュリティの強化ペネトレーションテストを実施することで、システムの隠れた脆弱性を発見し、セキュリティを強化することができます。これにより、潜在的な攻撃者からの攻撃を未然に防ぐことができます。
  2. システムに合わせた分析プロのペンテスターが行うペンテストレポートは、システムの具体的な脆弱性とその対策を詳細に提供します。これにより、システム全体のセキュリティレベルを向上させることが可能です。
  3. コンプライアンスの遵守中小企業でも、クレジットカード情報や個人情報を扱う場合、厳しいコンプライアンス規制を遵守する必要があります。定期的なペネトレーションテストは、これらの規制を満たすために重要です。
  4. 信頼の構築セキュリティ対策を強化することで、顧客や取引先からの信頼を得ることができます。特に、大企業との取引では、強固なセキュリティが求められます。

Tokyo Techiesのサービス

Tokyo Techiesでは、お客様のニーズに合わせたペネトレーションテストを提供しています。また、クラウドアーキテクチャ設計やインシデント対応など、幅広いサイバーセキュリティサービスを展開しています。豊富な実績と認定資格を持つ当社の専門家が、サイバーセキュリティに関するあらゆる課題を解決します。詳細については、当社のサービスページをご覧ください。また、無料コンサルティングも行っていますので、サイバーセキュリティに関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

tt heading

Also Read

No items found.

各種SNSでも情報発信中

ビジネスを次のステップへ
Tokyo Techiesと、ともに
icon down