日本市場へのローカライゼーション
SoftBankグループとCameo ローカライズサポート

Summary

米国の著名人のビデオメッセージのマーケットプレイスを運営するCameoと、その日本におけるパートナーであるソフトバンクは、Cameoを日本語圏の利用者向けにローカライズするため、さらなる技術的専門知識を必要としていました。

Tokyo Techiesは、Cameo(カメオ)とソフトバンクのパートナーシップにおいて、Cameoの日本語圏の利用者向けにローカライズを行うために、以下のような技術的専門知識を提供しました:

  1. UI/UXデザインの最適化: Tokyo Techiesは、Cameoのユーザーインターフェース(UI)およびユーザーエクスペリエンス(UX)のデザインを改善しました。これにより、日本の利用者にとって直感的で使いやすいプラットフォームを提供することができました。
  2. 日本語翻訳の実施: Tokyo Techiesは、Cameoのコンテンツやインターフェースを日本語に翻訳しました。これにより、日本語圏の利用者が自然な形でサービスを利用できるようになりました。
  3. 検索およびディスカバリー機能の改善: Tokyo Techiesは、既存の検索およびディスカバリー機能を改善しました。これにより、利用者は目的の著名人のビデオメッセージをより迅速に見つけることができるようになりました。

Tokyo Techiesの技術的な専門知識と経験により、Cameoは日本市場での展開を成功させ、日本語圏の利用者向けにローカライズされた優れたサービスを提供することができました。

The Case

ローカライゼーションはグローバル企業が新しい市場に参入する際に不可欠な要素です。Cameoはシカゴを拠点とする米国の動画共有企業であり、ユーザーが著名人から希望の内容のメッセージ動画をリクエストすることができるアプリを提供しています。Cameoは日本市場への拡大を目指し、ソフトバンクと提携しました。Tokyo Techiesは、この提携のもと、Cameoのサービスを日本語圏のユーザーに適応させ、ローカライズするための支援を行いました。

具体的には、Tokyo TechiesはCameoアプリの完全な日本語化を実現するために必要な作業を行いました。これには、アプリ内のコンテンツやインターフェースの日本語翻訳、文化や習慣に合わせた適切な表現の選定、ユーザーのニーズに応えるためのUI/UXデザインの最適化などが含まれます。Tokyo Techiesは、グローバル企業が日本市場で成功するために必要な文化的な洞察力と技術的な専門知識を提供しました。

home page screenshot

このプロジェクトでは、アジャイル手法を採用して2週間のスプリントサイクルを実施し、より迅速なフィードバックとリスク管理を可能にしました。

Tokyo Techiesは、QAフィードバックに重点を置き、CameoのUI/UXデザインおよび日本語翻訳の最適化に取り組みました。プロジェクトの期間は3ヶ月間で、この期間内にCameoのUI/UXデザインを改善し、日本語翻訳を行いました。さらに、Cameoの検索・発見機能についてもPoC(Proof of Concept)を実施し、既存の機能を日本語圏ユーザー向けに改善しました。

The Results

アジャイル手法を用いた2週間のスプリントサイクルは、効率的なプロジェクト進行とフィードバックの迅速な反映を可能にしました。Tokyo Techiesは、定期的なスプリントレビューとフィードバックセッションを通じて、クライアントとの密なコミュニケーションを実現しました。

このローカライゼーションの取り組みにより、Cameoは日本市場においてユーザーに対応したサービスを提供することができました。Tokyo Techiesの支援により、Cameoは日本語圏のユーザーにとって魅力的な体験を提供し、市場での競争力を高めることができました。

弊社の具体的な取り組み:

CameoのUI/UXの最適化と日本語訳に関して、テストプランとチケットシステムを作成し、フィードバックを提供することで取り組みました。テストプランでは、CameoのデスクトップWebサイト、モバイルWeb、iOSおよびAndroidアプリの動作(トランザクション通信と支払いを含む)について、徹底的なテストを行いました。また、フィードバックと重要な洞察をプロジェクトの関係者全員に伝えるために、追加の報告書も提出しました。

私たちはテストを通じて、Cameoの日本語翻訳が正確かつ高品質であり、UIにリンク切れがないことを確認しました。これにより、プラットフォームのユーザー体験を最適化することに成功しました。

また、検索・発見体験の向上を目指し、ElasticSearchを利用したCameoの検索・ディスカバリーシステムのProof of Concept(PoC)も作成しました。このPoCでは、日本語を母国語とするユーザーが検索バーを効果的に利用する方法を考慮し、ユーザー体験の向上に役立てられました。ユーザーは、ひらがな、漢字、ローマ字でタレントや芸能人の名字を入力し、簡単に検索することができるようになりました。また、タレントの活動状況に基づいて、カタカナでも手軽に検索できるようになりました。

Technologies used

See next case study:

日本の物流に DXソリューションを

mouse stalker

お問い合わせ

以下フォームよりお気軽に
お問い合わせください。
お問い合わせ内容の確認後、
担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ

以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

ありがとう!

お問い合わせいただきありがとうございます。
順次内容を確認し、48時間以内に回答いたします!
それまでの間、私たちをチェックしてください 
ソーシャルメディアチャンネルで最新情報を入手してください!
おっと!フォームの送信中に問題が発生しました。
ビジネスを次のステップへ
Tokyo Techiesと、ともに
icon down
chat

チャットで質問する